プロダクト画像
1
洋ナシ型のヘッド形状
高級感のあるマット仕上げ。パーシモンの流れをくむ洋ナシ型のヘッド形状で、構えた瞬間にボールをつかまえて真っすぐ飛ばすイメージと右手でつかまえにいくイメージ を持たせている。
2
ディープトレンチ設計
フェース近くの『ディープトレンチ』(深い溝)によって、たわみ易くし、フェース下部でヒットした時のスピン量を軽減、フケ上がりを防止して飛距離ロスを防ぎます。
3
ウエイト装着(ステンレス8g)
ややシャフト寄りに装着し、操作性をアップ。最適な重量バランスを実現。
4
フェース素材DAT55G
フェース素材に高級チタン素材DAT55Gを採用。爽快な打感と強度アップによる薄肉化を実現し、ルールギリギリの反発力が可能に、より遠くへボールを飛ばします。
5
ホーゼルの差込長さ
ホーゼルの差し込み長さを40mmと長くすることで、ヘッドが余計な動きをしにくく、「ひっかけ」や「曲がり」を防止。
6
オリジナルカーボンシャフト
シャフトの粘りと走り感を両立するため、中間~先端に高弾性率カーボンシートを採用。これにより、軽いながらもインパクト負けしないだけでなくタイミングがとりやすい、手ごたえある打感とボール初速を向上させる理想のシャフトが完成。

内部構造図

重心コントロールのためのビスはやや内側に配置。操作性の向上を目指し、かつ不快な振動や音を抑制するためにリブで補強し、打感を追求。ソールの三角形の凹部は限界まで薄肉化。ソールにも飛びのための「たわみ」を持たせた。

断面構造図

強度DAT55G材質のフェースからつながるボディは滑らかに板厚を変化させ、部分的な高剛性領域を排除。ヘッド全体のたわみ効果を増大することを目指した。フェース近くのディープトレンチとソールのへこみ部分により、ミスヒット時のスピン量を抑え、フケ上がりを防止。平均飛距離がアップ。

ロフト角(度) 10.5
ライ角(度) 60
ヘッド体積(cc) 450
フェース角(°) 1
長さ(インチ) 45.5

開発者メッセージ

いつものスイングで力強いボールが打て、 もっとゴルフを楽しんでもらえる。
月一ゴルファーの強い味方を目指しました。

一般アマチュアで、スライスのミスが出やすい一般ゴルファーがどうすればオートマチックにライナー性の捕まった打球を打てるようになるか、あえてスイングを変えることがないクラブで実現したかったです。フェースの薄肉化にルールギリギリの反発係数や独自のディープトレンチによるオフセンターヒット時のスピン量の軽減などにより飛距離の向上だけでなく、絞り気味のフェースがインパクトへの集中力を高め、フェース面とクラウン後方のトップ位置のバランスを最適化することで、視覚的に正しいスイングに導いてくれるクラブを目指しました。多くのゴルファーにとっては難しいインサイドアウトとかパッシブトルクとかの理論は高いハードルです。多くのアマチュアゴルファーはスイングに悩み、コースに出てもコースと向き合うことなく、「自分探しの旅」に出てしまいます。いつものスイングで捕まった力強いボールが打てればもっとゴルフを楽しんでもらえる。月一ゴルファーの「強い味方」を目指しています。

開発担当者

松浦 真也

工学系大学卒業後、空調関連機器機械専門商社にてプラント関連機器の設計に従事。材料工学、振動工学などの設計基礎スキルを習得。
2005年より日幸物産(株)にてゴルフギア開発に携わる。
新しい風潮を取り入れた開発を行うスペシャリスト。今までに10000本以上のドライバーを世に送り出す。
trialへ